FC2ブログ
2014-06-29(Sun)

旅に持って行きたい本ベスト5!







移動中の最高の暇つぶしの友といえば、

No.1 音楽&景色
    このコンビに勝る暇つぶしはそうそうありません。
No.2 読書
    読書も暇つぶしには持って来いでしょう。道が舗装されていればね。
No.3 隣に居合わせたオッサン
    気さくなオッサンがいればシメたものです。ローカルなふれあいも旅の醍醐味です。

こうしてみると、結構読書するのって難しいんですよね。
もちろん、飛行機や列車に乗ってる時は威力を発揮しますが、
たまにはガッツリ本の世界に浸りたい!なーんて日もあるものです。
ある程度のスパンの旅になると「そうだ、今日は本を読もう。雨だし」みたいな日も出てきますしね。


そこで今回は旅に持って行きたい本ベスト5をチョイスしました。
割とベタなので旅好きならもう読んでるかもね。

1 深夜特急
言わずと知れた旅小説の金字塔です。
まだインターネットが発達していない頃の旅行というものがどういうものなのかを垣間見れます。
情報を得やすいということが果たして豊かな旅に繋がるのかということを考えたりもしました。
旅好きなら必読でしょうね。


2 雨天炎天―ギリシャ・トルコ辺境紀行

日本を代表する小説家、HARUKI MURAKAMIの旅行記です。
個人的にこの人の小説って合わないんですが、旅行記は楽しいです。
異教徒である村上春樹がギリシャ正教の聖地「アトス」を巡礼するというお話です。


3 人間の土地
星の王子さまで有名なサン=テグジュペリの作です。
サハラの夜に飛行機で不時着するという彼の実体験から
「人間の生き方」という本質について考えさせられます。
美しい言葉と描写が旅の夜を豊かにしてくれるでしょう。


4 梅里雪山(メイリーシュエシャン)十七人の友を探して

1991年に京都大学の登山隊が、
旧チベット圏で聖山と崇められるメイリーシュエシャンを
地元民の反対を押し切り登頂を目指したものの、
隊員17名が全滅するという未曾有の遭難事故を招いてしまう。
事故の回顧とともに山を神として崇めるチベット仏教に触れることができます。


5 モーターサイクル・ダイアリーズ

かの有名な革命家チェ・ゲバラの若き日の旅行記です。
ゲバラがこの旅の中で見て、考えたことが彼を革命へと突き動かす原点となっていることが分かります。
それと同時に作中で描かれるものはまさに憧れの旅そのものです。



というわけで、個人の主観で選んだベスト5ですが、何かのきっかけになれば嬉しいかも?
ではまたー

人気ブログランキングへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

こんにちは。
そのへんのおっさんは確かに暇つぶし(失礼)にもってこいですよね。
そのおすすめ本にぜひともインパラの朝を加えて頂きたいです。私が女だから一層好きなのかなとも思うのですが(笑)
ゲバラはちょっとファン???なんですがモーターサイクルダイアリーズは知りませんでした。今度読んでみようと思います。

No title

nitti00w さん

コメントありがとうございます。
「インパラの朝」は知りませんでした。今度読んでみようかなと思います。ブックオフ辺りで探してみようかな。
ゲバラはいーですよね。バイク旅も憧れです。
プロフィール

ヨシ&ユリ

Author:ヨシ&ユリ
ヨシ
1年半ほど海外を放浪。その期間の割に回れた国の数は30ヶ国しかない鈍足トラベラー。目指せ脱日本!

ユリ
3か月で猛ダッシュの中東南米海外放浪。それに加えて、高校時代から大の旅好き。短期旅行ばかりだけど、訪れた国は44ヶ国の弾丸トラベラー。ゆったりまったり南米&どっぷりイスラムが次の目標。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
人気記事
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ランキング